プロフィール

フリーパパ

Author:フリーパパ
40代前半 男性 妻 子供 あり

2年前に早期リタイアし、現在は投資活動からの
インカムゲインで生活しています。

ハッピーリタイアを実現するために奮闘中です!

クリック募金

クリックするだけで、様々な支援団体に募金ができます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2ブログランキング

 クリックしてくださ~い!

FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月の運用成績

久しぶりの、ブログ更新です。
最近は、投資先の未公開企業の仕事にはまっていて、ブログの更新まで手がまわらに状況でした。
さて、遅ればせなら2009年の1月の運用成績ですが、年初は調子良いかなと思っていたのですが、その後の為替の変動や世界的な株価の下落の影響で結果的には、1ヶ月で-6.4%、金額では290万円以上のマイナスになってしまいました。
なかなか、底打ちというわけにはいかないようですね。2月に入ってからは、さすがに下げ止まっているような感じもありますが、まだまだ安心できません。


0901決算

さて、フリーパパは投資信託以外にも現物不動産や未公開ベンチャーへの投資もやっていますが、それらのリターンと投資信託のリターンを比較してみました。比較に当たっては時価は考慮せずに、投資した時点での投下資本と分配金や家賃、役員報酬などから得られるインカムゲインの累積額をリターンととらえて比較しました。

・投資信託     投下資本 7877万円 累積の分配金 1280万円
・現物不動産    投下資本 5600万円 累積の家賃収入 1360万円(ネットリターン)
・ベンチャー投資  投下資本 3350万円 累積の役員報酬 950万円

上記条件でのROI(投下資本利益率)

・投資信託     16.2%(平均投資期間 3年)
・現物不動産    24.3%(平均投資期間 3年)
・ベンチャー投資  28.4%(平均投資期間 2年)

上記のようなROIになっています。
投下した資本の時価は現物不動産、ベンチャー企業(未公開)の場合は算定が難しいのでなんともいえないところですが、この条件でのROIは、ベンチャー企業>現物不動産>投資信託 の順となっています。

ベンチャー企業の場合、フリーパパが役員として経営判断や場合によっては業務まで関わっているので純粋な投資対価としてみることはできないかもしれませんが、早期リタイアのライフワークとしては十分に機能していますし、その他のアセットクラスよりも人生に充実感をもらっていいるという、プラスアルファの価値もあります。

今のところ、最も気に入っている投資対象はベンチャー企業で、今後はベンチャー企業の割合をもっと増やして行こうと考えています。

ベンチャー企業の場合、フリーパパがほとんどのケースで第2位株主までに入っているので経営への影響度は場合によっては社長よりも大きく、自分で事業をコントロールできるところが魅力です。

今年は、もしかしたら投資信託を取り崩してもベンチャー企業への投資をやろうかなぁと思っています。現在、経営に関わっている会社が3社で4月以降は4社になる予定です。MAX5社まではいけるかもしれないと考えています。






















スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

あけましておめでとうございます&08年の運用成績

あめまして、おめでとうございます!
年末年始は、家族でユニバーサルスタジオや京都、それからお互いの実家に帰省してのんびりと過ごしました。そのあいだパソコンもほとんど開かず、しばしの間、投資やビジネスの世界と離れていました。

さて、08年の運用成績をまとめてみました。
昨年は金融危機の影響で大きく価格を下げました。フリーパパの年間の運用成績は、なんと-30.2%となりました。特に下落が激しかった資産クラスが新興国株式で-64.1%となりました。外国債券も円高の影響で-21.1%、日本株投信は-31.4%と海外の株式と比較してフリーパパのポートフォリオの場合、想定的に下落幅は小さかったようです。ヘッジファンドに分類しているマネッジドフューチャーズは唯一のプラスで23.7%のパフォーマンスとなりました。

年間の分配金は、526万円となり月間43万円強の分配金が入ったことになります。ただし、運用益はないナスなので正確には500万円ほど元本を取り崩したということでしょうか。

11月から12月の月間の運用成績ですが、こちらのほうは、久しぶりのプラスとなりました。
約7ヶ月ぶりに運用成績がプラスになりました。そろそろ底を打ったということでしょうか?
年初はNYダウも大幅高で為替も円安に振れていることから、しばらくは戻り基調になることを期待しています。

0812決算


08年は、結局基準価格が下がるのをじっと見ていただけで、なんの手も打てませんでした。
しかし、この当たりで下げ止まってくれるなら、それもOKでしょう。これから半値になることは、さすがに現時点では予測できないです。もしそうなったら世界恐慌は本格化し、トヨタなどの日本を代表する企業も経営が成り立っていかない状況に陥っているかもしれません。

今のところ、アメリカの危機対策が早く景気回復は今年の年末には見えてくるんではないかという予測のほうが現実的ではないかと考えています。今年は昨年の反動で金融資産の価格が戻すことを期待しています!








テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

08年11月の運用成績

08年11月末時点の運用成績をまとめました。10月に大きく下げた後の11月でしたが、結果的には11月も下げになりました。基準価格は前月と比較して237万円のマイナス、分配金込みの価格では194万円のマイナスとなりました。なかなか下げ止まらないですね。円高、株安が更に進行した感じです。今日のドル円は93円台まで円高になっています。しばらくは、この傾向は変わりそうにないです。


0811決算

注目すべきは、ヘッジファンドのカテゴリーに入れているMAN-AHLを中心に組成しているアセットトライです。全てのファンドが価格を下げるなかでも順調に基準価格を上げています。11月も10月と比較して上がっています。購入来のパフォーマンスは38%になりました。マネッジドフューチャーとかCTI戦略とか言われていますが、なかなかのものです。ヘッジファンドも総崩れと言われていますが、このように、価格が上下にぶれやすい環境でもしっかりと成績を上げる投資手法があるのは驚きです。


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

根拠のない「予想」に大分近いづいてきました!

先週木曜日から昨日まで、経営者の仲間と河口湖に3泊4日で合宿に行ってました!
アクションラーニングの沢登りプログラムで10メートル位ある滝を命綱をつけて登ったり、そこから滝つぼに飛び降りたりというハードなプログラムでした。雨で川も増水していたし、川の水も冷たくて、本当に死ぬかも、、、と思いました!このプログラムでは、仲間同士助け合いながら、一見困難と思われる課題を克服していくというものですが、全てのミッションが成功したあとの達成感は凄まじいものがありました。また、チームワークも強固なものになります。

さて、フリーパパが悠長に滝登りやっている間にも、株と海外通貨の暴落は、それこそ滝を滑り落ちるように崩落してしまいました。木曜の夜から土曜日の夜まで価格をチェックしていなかったのびっくり仰天です。さて先日のブログで「どこまで下げるか?根拠のない予測!」という記事でフリーパパの許容範囲の最下限値を下記のように書いていました。

-----------------------------------------------------------------------
「シミュレーションでは、株価が半額ですからNYダウが5000ドル割れ、日経平均が5000円、上海が1100ポイントです。為替は、ここから30%下がると想定しているので1ドル70円、1ユーロ96円、1オーストラリアドルが53円という状況になった場合にフリーパパのポートフォリオは上記のような感じになります。まぁ、ここまではさすがにいかないでしょうというような数字です。

もしここまで下がったとしても3500万円弱は残る事を考えると、まぁ我慢できる範囲かなと考えています。その後、何年先かはわかりませんが、上昇相場がやってくるまで待てるような気がしてきました。」
------------------------------------------------------------------------

これを書いた時点(10月7日)のNYダウが9000ドル台、日経平均は9000円台、ユーロは130円台でした。この時の投資信託の基準価格の合計が、5500万円、現在が4500万円です。上記の最悪の想定時の基準価格の想定が3410万円ですから、約20日で最悪の想定の半分の道のりを駆け下ったことになります。いやーーーびっくりです。現在は、最悪の状況までは今年中にいってしまうかもしれないという心境です。どのみち0になることはないだろう、、、本当に最悪でもさらにこの半分くらいだろうと勝手に思っています。そのとき、日経平均は3000円、MYダウは4000ドルくらいでしょうか。1ドル60円、1ユーロ80円とかでしょうか(厳密には計算していないのでわかりませんが)ここまで下がったら世の中どうなっているんでしょうか?これくらいでないと大恐慌とはいわないのかもしれないと最近考えています。そのときのフリーパパの投資信託は合計で2000万円ちょっと、現物不動産も半値以下に下がっているでしょう。そうすると一時期2.5億くらいあった資産は1億円を切るくらいまで下がってしまうことになります。いやーーー、働いて稼がなければ!と思う今日この頃です。

<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

どこまで下げるか?根拠のない予測!

昨日NYダウが10000ドルをとうとう割り込みました。NYだけでなく昨日は世界中の株式が軒並み5%以上の大幅な下げでした。これからさらに下げそうな気配です。

フリーパパのポートフォリオも月末時点より更に500万円ほど下がっていました。
自分なりに一応の下値めどを、見積もってみました。なんとなくで根拠はないのですが。。。。

現時点の投資信託の基準価格の合計が約5500万円です。そのうち比較的リスクの高い株式やREIT、ヘッジファンドなどは、ここからさらに半値まで下がると想定します。このアセットクラスの構成比は約40%です。フリーパパのポートフォリオの中心は外国債券投信です。この構成比は約60%です。これが円高によってさらに30%下げると想定します。
そうすると全体では(40%×50%)+(60%×70%)=62%となります。5500万円に62%をかけると3410万円です。最初に投資した金額が約7800万円、今までに受け取った分配金が1150万円あるので、これを足すと合計で4560万円です。最初に7800万円投資したので損失は4560万円-7800万円=3240万円です。投資元本に対して約41.5%の損失となります。

ここまで下がっても半値にはならないことがわかりました。

シミュレーションでは、株価が半額ですからNYダウが5000ドル割れ、日経平均が5000円、上海が1100ポイントです。為替は、ここから30%下がると想定しているので1ドル70円、1ユーロ96円、1オーストラリアドルが53円という状況になった場合にフリーパパのポートフォリオは上記のような感じになります。まぁ、ここまではさすがにいかないでしょうというような数字です。

もしここまで下がったとしても3500万円弱は残る事を考えると、まぁ我慢できる範囲かなと考えています。その後、何年先かはわかりませんが、上昇相場がやってくるまで待てるような気がしてきました。

あまり根拠はないですが最悪の事態を空想してみました。

まだまだ考えが甘いでしょうか?


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。