プロフィール

フリーパパ

Author:フリーパパ
40代前半 男性 妻 子供 あり

2年前に早期リタイアし、現在は投資活動からの
インカムゲインで生活しています。

ハッピーリタイアを実現するために奮闘中です!

クリック募金

クリックするだけで、様々な支援団体に募金ができます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

FC2ブログランキング

 クリックしてくださ~い!

FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凄まじいドル安(円高)

円高というか米ドルの崩落が進んでいます。ドル円レートが月足の安値ベースで100円を割ったのは95年の11月以来で約12年ぶりとなります。その当時の円高がどれくらいの期間だったのかをちょっと調べてみました。最初に100円を割ったのが94年6月です。その1年半前の93年の年初には1ドル120円を超える円高でした。その後、95年の3月には80円台に突入し、次の月の4月にはとうとう79円台となってしまいます。90円台を回復したのが95年9月ですから約半年間も70-80円台だったことがわかります。100円台を回復したのが、95年12月ですから100円を割ってから1年半後のことです。それから1年後の97年には120円台を回復して円安が進んでいきました。
その前に120円台をつけたのは93年の2月まで遡ります。

以上から考えると、前回の円高局面では、120円台を割ってから120円台を回復するまでには4年間、100円台を割ってから100円台に回復するまでが1年半、90円台を割ってから90円を回復するまでは約半年かかっています。今回の円高の期間が前回と同程度だとすると、これから1年半程度は90円台が続き、100円台を回復するのは2009年の秋以降、120円台を回復するのが2012年くらいということになります。

ただし、今回の円高というかドル安はドルが基軸通貨のポジションを失う前兆であるとすれば、ドル円レートはもっと長期期間低迷することも考えれます。1ドル50円なんてスーパー円高局面にならないことを願っていますが、今日のWBSを見ていたら可能性としてはあるらしいです。いやーー怖いですね!

しかし、最近はなんとなく資産価格の現象にもなんとなく鈍感になりつつあるような気がします。いあやいやこんなことではいけないんでしょうが、、、なんか傍観者的なのでした。なんででしょうか?
感覚が麻痺したのかも(笑)

<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。