プロフィール

フリーパパ

Author:フリーパパ
40代前半 男性 妻 子供 あり

2年前に早期リタイアし、現在は投資活動からの
インカムゲインで生活しています。

ハッピーリタイアを実現するために奮闘中です!

クリック募金

クリックするだけで、様々な支援団体に募金ができます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

FC2ブログランキング

 クリックしてくださ~い!

FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「温暖化」がカネになる(北村慶:著)を読みました。

最近は、週末になるごとに関東近郊の山に登山(というよりも子連れのハイキング)に出かけています。今日も裏高尾方面から影信山→小仏城山→高尾山というルートに出かけてきました。午前中からお昼にかけて小雨交じりでしたが気温は涼しくハイキングは快適でした。フリーパパは1年間に大体30回くらいは近郊の山に出かけています。最近では心拍数と消費カロリーが計測できるフィンランド製のsunntoという腕時計を購入し、ますますはまっています。

とくに山に出かける場合は森の木々に癒されてこの上ない快適さというか恍惚感さえ感じてしまいます。ところが、この山や自然が地球温暖化によって段々と破壊されてきているらしいです。温暖化や排出権取引に関しては最近いろんなセミナーに参加したり本を読んだりとして随分と勉強しました。そのなかで最近読んだ本で(「温暖化」がカネになる)が面白かったのでご紹介します。

著者の北村慶氏は、金融機関に勤務されている方で個人投資家にも有名な「貧乏人のデイトレ、金持ちのインベストメント」という本を書いた方です。北村氏は温暖化を救うためにはスローガンや掛け声だけでは不十分で排出権取引などの経済活動を活発化させ「金儲け=温暖化のストップ」につながるような経済の仕組みを作り上げることが実行レベルでは重要になるという意見を述べています。この意見はフリーパパにとって非常に納得感のあるものでした。

また、本の中で一番興味を惹かれてのが、アメリカの有名な経済学者でハーマンEデイリー博士の「持続可能な発展の経済」と言う著作の中で人類の経済成長は生態系を超えて大きくなることは不可能であり、近い将来(2050年頃)には生態系の蓄えている自然資源を食い尽くしてしまう恐れがあり、これまでのように「資源消費型の経済発展」ではなく経済のパラダイムを転換しなければならないというものです。

北村氏は、そのような転換のためには経済活動の目的変数を「所得」から「資源」へ変更し生産するためにいかに資源を少なく用いるか、所得税から資源消費税へ税制を変更すること、グローバル化からリージョナル(地域)化などを提案されています。

個人投資家にとっても長期投資の基本には「経済は今後も永続的に成長する」という考え方がベースにあります。もし温暖化や環境破壊による生活への悪影響が深刻化したら北村氏のいうように「経済活動も目的が資源の有効活用に主眼がおかれ成長一辺倒ではなくなる」ということになるかもしれません。なかなか考えさせられる内容でした。

そういえば、先週に投資先の社員が北京に出張をしていてスカイプでMtgしたのですが、なんと気温が26度もあり夏のようだと言っていました。北京でこの時期にそんなに気温が高くなることはめったにないそうです。また、先週パリで行なわれた「エネルギーと安全保障と気候変動に関する主要国会議」では温暖化による食料危機が深刻化しており、食料の価格が上昇し貧しい国では生きていくのに十分な食料の確保が困難になっていることが緊急課題として取り上げられたようです。

温暖化の影響は既にいろんなところで出始めています!


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓










スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

「いつまで続くサブプライム問題インターネットライブセミナー」を見ました。

今日は、大和証券のインターネットTVで行なわれた「いつまで続くサブプライム問題インターネットライブセミナー」を見ました。セミナーでは、サブプライム問題は半分は終わったということを言っていました。少々楽観的過ぎかなと思って更に見続けると以下のようないくつかショッキングなこともアナウンスしていました。

・米国のリセッション(景気減退)は、今年の前半ではなく、後半にかけて起こる可能性が高い。後半になってからGDPがマイナスになるようなインパクトが徐々に出てくる。従って米国株も一時は戻すが年末にかけては再度大きく下落する恐れがある

・これからは、バリュー株(割安株)ではなくグロース株(成長株)が物色されるだろうとのこと。国別に見ても同様で、新興国株はグロースとして下値で買われるが日本株は国際的な位置づけはバリュー株なので今後も買いは入りにくい。

・米国が公的資金を経営危機の金融機関へ注入したり、不良債権を買い取るために注入することはあまり考えられない。もし、そのような事態が起こるときは、本格的にバブルがはじけたときであり、銀行がいくつも倒産するようなときなので、それこそ危機的状況である。

・現在の価格は安くなっているが、数十年以上でリターンを狙う超長期の投資家(中東のソブリンウェルスファンドなど)は買ってくる可能性はあるが、比較的短期から中期のリターン狙い投資家にとっては、まだ様子を見たほうが良い。

今年の後半に米国がリセッションに入る可能性が示唆されたことは、ちょっと驚きました。その前に戻りが一時的にあるとしたら、売りのタイミングかもしれません。

前回の記事でも書きましたが、「ザ・クラッシュ―暴落から資産をどう守るか」という書籍には価格暴落時に政府が資金援助で介入するとかえって、正常な反発力をなくさせてしまい、価格の戻りが長期化する可能性があることを指摘していました。また、株価暴落時にFRBが断続的に利下げを行なうことでさらなる急落を誘う危険性があることも言及しています。
上記のような悪い例として、日本のバブル崩壊後20年経っても当時の株価を回復していないことを例にあげていました。またNASDAQも長期間回復してません。市場には介入せずにいたほうが健全だと言うことでしょうか。

今回の世界同時株安がどこまでいくか今のところ誰にもわかりません。最悪の場合は直近の高値から数年かけて70-80%の下落もありえることは日本のバブル崩壊でも実証済みです。また、バブルは崩壊するまで誰もバブルだったとは思っていないと言うのもバブルの特徴のようです。

さて、どうなるか市場のシグナルをしばらくの間は注意深く見守る必要があるようですね。

<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 早期リタイア セミナー サブプライム

「ザ・クラッシュ―暴落から資産をどう守るか」を読みました。

日本市場は今日も大きく下げましたね。日経平均は、なんと535円も下がりました!今朝のモーニングサテライトでアナリストが言っていましたが、重要な節目を割ったのでここからは、更にするっと下がりやすいとのことでした。元フィスコの黒岩氏も12000円くらいまでは下がりそうだと書いていました。

さて、先週暇なときに近所の図書館に行って「ザ・クラッシュ―暴落から資産をどう守るか」と言う本を見つけて読みました。2004年の発刊ですからちょっと古いですが、小説形式で読みやすく、あっという間に読んでしまいました。物語は、ある企業の会計不正が発覚したことをきっかけとして、株式市場、債券市場が大暴落を起こすなかで、投資家がどのように資産を守っていくかと言う話でした。たぶん、エンロンやワールドコムの事件をモデルにしていると思われます。

この小説の中で、価格暴落時の資産防衛の手段として登場するのがリバースインデックスファンドを活用するということでした。リバースインデックスファンドとは、市場のインデックスと反対の値動きをするファンドで価格暴落時には基準価格が上昇すると言うものです。日本にもこのようなファンドがあるのかなと思いモーニングスターで調べたところ、ベア型のファンドがこれに当たるようです。モーニングスターに掲載されているものだけでも10以上ありました。日本株、香港株、アメリカ株、債権と投資対象のバリエーションもあります。

調べてみると、レバレッジがかかっていて、インデックスの値動きに対して2-4倍程度の値動きをするものが多く、市場の価格が上昇してしまうとあっという間に大きな損失を抱え込みそうな超ハイリスクそうなファンドです。ただし、ブルとベアの間でスイッチングをできるものが多いようで、市場価格が上昇に転じたと感じたときには、すぐにブルにスイッチできるようです。

なるほど、こういうのもあるのかと思いました。ためしにちょっと買ってみようかなと、これ以上暴落するようだと金融資産を売却して手仕舞いをするだけでは資産を大きく減らしてしまうので、このようにリバースインデックスファンドでヘッジをするというのも手かもしれませんね。ただし、どれくらい買うか、スイッチングのタイミングをどうするかは非常に難しそうです。

<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 早期リタイア サブプライム

藤巻健史氏のセミナーに行ってきました!

伝説のトレーダーといわれる藤巻健史氏のセミナーに行ってきました。有名な円安、米国株高論者の藤巻氏がサブプライムショックの渦中にどんなコメントを言うのかを楽しみにして行きました。

まず、冒頭でここ数日のNYダウの下落と円高があるのでサブプライム問題には触れたくないけど触れざるを得ないだろうとのことで、ここ数日の一連の円高、株安について話がありました。藤巻氏曰く、ここ数日のNYダウの下落はサブプライムが直接の要因ではないとのこと、その証拠に下がっていたのはITとエネルギー株で金融株は先週末からジリジリト上がっていたとのことです。サブプライム問題については、マスコミとアナリストが騒ぎすぎていていると思うとのことで、NYや欧州と比較して日本株が下がりすぎるのは、なんだか実態がわからないので心理的な売りが殺到しているのではないかということでした。藤巻氏はもう少しでサブプライム問題は落ち着くとの見方をしていましたが、もしかしたらアメリカ経済の減速ではなく失速もありえるかもしれないと、エクスキューズしていました。

藤巻氏は、著作でも書いていますが、長期固定でお金を借りて、不動産と日米の株、外貨資産への投資というポジションを取っています。今回のサブプライムでの株価の下げと円高は氏のポートフォリオにも打撃を与えたようで、いまはじっと耐えているとのことでした。

ただ、長期的には株高、不動産高という資産インフレが来ることと、円安傾向にあるという氏の主張は変わっていないとのことでした。ただ、サブプライムショックで各国政府が過剰流動性を更に進めてしまったため、もしかしたら資産インフレではなく資産バブルが来る可能性も高くなっているのではということでした。あと、日本の830兆円の財政赤字を減らすためには緩やかな資産インフレが最善の策ではないかとのことです。もしもこのまま赤字が拡大するとハイパーインフレが起こる可能性があり、その場合には格差は今とは比較にならないほど拡大するかもしれないとのことでした。

ハイパーインフレは困りますが、藤巻氏の主張する緩やかな資産インフレと円安は国債分散投資をする個人投資家にとっては歓迎すべき意見ですね。ほんとにそうなるかどうかは誰にもわかりませんが、フリーパパのポジションも今のところそうなっています。

セミナーが終わって、携帯で今日の日経平均を確認したら370円強も上がっていました。また円高も一服して円安傾向に触れているようです。フリーパパは今日の朝、思い切って資金を追加しFXのポジションを更に増やしたので結果オーライでした。


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 早期リタイア セミナー セミリタイア

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。