プロフィール

フリーパパ

Author:フリーパパ
40代前半 男性 妻 子供 あり

2年前に早期リタイアし、現在は投資活動からの
インカムゲインで生活しています。

ハッピーリタイアを実現するために奮闘中です!

クリック募金

クリックするだけで、様々な支援団体に募金ができます。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

FC2ブログランキング

 クリックしてくださ~い!

FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Man AHL Diversified Guaranteed

昨日、以前ブログで紹介した Tulip Trend Fund の概要の説明を東京のあるIFAに聞きに行きました。
Tulip Trend Fund はオランダのヘッジファンドが運用するTrans Trend というマネッジドフューチャーズのファンドにレバレッジを2倍ほど掛けたものだそうです。Tulip Trend Fund のWEBに出ているパフォーマンスは2003年以前ものはシミュレーション結果だそうで、ファンドの設定は実際は2004年のようです。フリーパパはこのファンドに非常に興味があります。

さて、もうひとつ魅力的なマネッジドフューチャーズを紹介してもらいました。Man AHL Diversified Guaranteed というファンドで米ドルかユーロで投資でき、2020年が償還期限の元本保証型ファンドです。
これまでは、マン社の元本保証型ファンドは成績の良いAHL以外のものも含んだ運用だったので成績はいまいちでしたが、このファンドは運用部分は純粋なAHLのみということでおススメのようです。
申し込み期限は来年の1月24日までだそうですが、毎年募集しているようです。
想定される年平均リターンは12%程度、標準偏差は14%-15%くらいになるだろうとのことです。
Tulip Trend Fundと比べるとパフォーマンスは落ちますが、外貨での元本保証であることや標準偏差が低いので比較的リスクは少ないと思われます。なんといってもAHL運用はファンド設定以来10年以上経ちますが、年間リターンがマイナスになったことは一度もないファンドです。

ちなみに、上記2つのファンドともにリターンに対しては分離課税で20%の税金がかかるようです。

この先、数年間にわたって景気が回復しなく株価も上がらない状況ならば、思い切ってこのようなファンドにポートフォリオの構成を大きく変えてみようかと考えてしまいます。


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓









スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

サラリーマン債権に関する考察

フリーパパが良く見に行くPALCOMさんのブログをはじめいくつかのブログで、橘氏の著作「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」で主張されていた「サラリーマン債権」とう考えについて議論が出ていたのでフリーパパなりに、この「サラリーマン債権」という考え方について考察してみました。

「サラリーマン債権」という考え方は、フリーパパも読んだことがありますが、橘氏の著作「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」に出てくる考え方でPALCOMさんのブログに簡潔に以下のように要約してあります。

----------------------------------------------------------
経済学ではひとりひとりの労働価値を「人的資本」と考える。私たちはこの人的資本を労働市場に投資して、日々の糧となる収益(給料)を得ている。
自分自身のおおよその価値は年収を長期金利で割り引く事で計算できる。
たとえば、年収500万円なら、長期金利2%で割り引いて、人的資本は2億5000万円だ(2億5000万円を定期預金しているようなもの)。
もっともこれはかなりアバウトな試算であるが・・・少なくとも1億円以上の人的資本「サラリーマン債券」を持っている。
----------------------------------------------------------

フリーパパの単純な疑問ですが、
----------------------------------------------------------
自分自身のおおよその価値は年収を長期金利で割り引く事で計算できる。
たとえば、年収500万円なら、長期金利2%で割り引いて、人的資本は2億5000万円だ
----------------------------------------------------------
という考えは、債権ではなく株式の現在価値と考えたほうがしっくりすると思います。その場合、年収500万円であっても生活費やその他の経費を差し引いた後のネットインカムの額が「サラリーマン株式」の株価の決定要因になると思います。つまり、サラリーマンを自分が勤務する会社が唯一の顧客とする、ひとつのビジネスユニットという考えです。その場合に「サラリーマン株式」の価値を決定する重要なファクターは「収入-経費=利益」と「「資産-負債=純資産」であり普通の株価の決定要因と同じようにPERやPBRによって「サラリーマン株価」は決定されるような気がしています。

話を元に戻すとサラリーマン自身が、自分の労働力から発生するインカムをベースに、それを債権を購入したのと同じとみなすことがそもそもおかしいような気がします。いくつかの議論にあるように、債権とは元本が存在し一定期間の経過後に償還される性格のものだからです。サラリーマンは自分の労働力から発生するインカムをベースにした債権を所有するというより、自分のインカムから発生する株式的な価値を所有すると考えたほうが合理的です。つまり、サラリーマンは企業と相似形であり、自分が勤務する会社が唯一の顧客とする、ひとつのビジネスユニットと考えるほうが、しっくりといくのではないかという考えです。

その場合の「サラリーマン株式」の価値を算定するためには、自分の収入の多い少ないではなく「収入-経費=利益」と「資産-負債=純資産」がどれくらいかを算出することが重要と思われます。つまり、自分の収入がいくらであれ、「収入-経費=利益」が年間200万円だとするとPER5倍なら時価総額は1000万円であり、「資産-負債=純資産」が1500万円ならPBRで1倍と考えると株式時価総額は1500万円であり、毎年のキャッシュインフローが、かなり見込まれるならPBER2倍で「サラリーマン株式」の時価総額は3000万円というふうに考えられると思います。

債権という考えは、、そもそも自分の労働対価から発生するものではなく、自分の保有する資産や信用をベースに利回りというリスクプレミアムを付けた借金であると考えると、、サラリーマンが自分の労働価値の計算をするときは、債権という考ではなく、個人事業家として自分の会社の株式を保有していると考えるほうが極めて自然と思います。

そうすると、橘氏の著作「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」で主張するように通常1億円以上の「サラリーマン債権」を保有するサラリーマンはポートフォリオで株式を多く持ったほうが良いという考え方は根底から崩れ、むしろサラリーマンは自分の経営する「サラリーマン株式」がポートフォリオの中心なので株式ではなく債権のウェイトを増やしたほうが健全ということになります。

どうでしょうか?
フリーパパとしては、このような考えかたのほうが、腑に落ちます。


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

金融危機がもたらす本質的パラダイム転換(勝手な予測)

フリーパパがコンサルティングの仕事を通じて最近感じていることがあります。
また、ちょっと前までCo2の排出の問題に絡めてエネルギーや人口増加の問題などもちょっと研究してみました。それらを通じて感じているのは、近い将来に人口増加や消費の増加による経済成長を前提としない、均衡あるいは縮小型の調和モデルが世の中の主流になるのではないかということです。最近でも新たなフォーマットの流通業の登場やインターネットの影響で市場全体の成長はないけども構造そのものが変わることで成長と縮小が混在しているケースはよく見られるようになりました。


そのような、世の中になったときには、全体成長というよりは構造転換による資本や価値の移動による成長と縮小の混在した状態が普通になるのではないかというイメージです。現在の人口増加をベースにした経済成長を続けていけば炭素エネルギーをベースにした地球資源の枯渇は100年を待たずに到来するという予測もあります。もちろん代替エネルギーが登場するのでしょうが、食料の問題は代替エネルギーだけでは解決できないかもしれません。

全体的な成長を前提としない場合には、現在正しいとされている資産形成の前提が大きく崩れると思います。まず、市場全体平均に投資をするような手法では経済全体のマイナスインパクトの影響をそのまま受けてしまいます。伸びる市場と縮小する市場が混在する場合には意思を働かせた投資対象の選別が重要になると思います。

また、投資よりも労働による日々のキャッシュインフローの獲得に力を入れることが生き延びるためにもっとも重要な手段になるかもしれません。

金融危機到来は、経済成長を前提とした資本主義モデルの崩壊の前兆だと言う意見も最近多く出始めました。安易にそうだとは決め付けることは出来ないと思いますが、将来に対して予見をもたずに柔軟にシミュレーションしてみることも重要ではないかと思います。

根拠はあまりない勝手な予測ですが、このようなことに思いをめぐらせることも必要かもしれません。


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓









テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tulip Trend Fund

先日、ブログでコメントをいただいた、investdehappyさんが投資をしているというTulip Trend Fundを調べてみました。Tulip Trend FundはMAN-AHLや最近テレビでも宣伝しているクアドリガ・スーパーファンドと同じようなトレンドフォロー型のマネッジドフューチャーと呼ばれるヘッジファンドです。投資の意思決定は全てコンピュータプログラムで行われていて100以上の先物市場に分散投資をしているようです。
MAN-AHLの成績も素晴らしいですが、Tulip Trend Fundはそれを凌ぐ素晴らしい運用成績を上げています。
1994年のファンド設定以来の年平均利回りは、なんと30.58%です。運用成績がマイナスだったのは1999年のみ(-10.12%)です。今年1年間の現時点での運用利回りは45.8%になっています。恐ろしい数字です!ただし、ボラティリティは28.4%と結構高いので短期的には大きなドローダウンがあるかもしれないことがリスクです。過去のマキシマムドローダウンは23.1%だそうです。しかし、これとて最近の株価の暴落と比べると23.1%のドローダウンなんて可愛く思えてしまいます。ファンドの詳細データはこのPDFで確認できます。

もし、仮に1994年時点でこのTulip Trend Fundに500万円を投資していたとしたら、2008年現在でなんと2億6764万円になっているということです。14年間で50倍以上のパフォーマンスです。凄すぎます!

ただし、課税上の問題はあると思います。海外のヘッジファンドへの投資からのゲインにはたぶん総合課税が適用されると思うので一気に取り崩すと税金で半分以上もっていかれることになります。徐々に取り崩して税額を低く抑えていくしかないのでしょうか?この点は詳しくないので今後勉強が必要です。フリーパパもTulip Trend Fundへの投資を検討してみます。10年以上持つつもりなら、かなり良いファンドではないでしょうか!

<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

08年11月の運用成績

08年11月末時点の運用成績をまとめました。10月に大きく下げた後の11月でしたが、結果的には11月も下げになりました。基準価格は前月と比較して237万円のマイナス、分配金込みの価格では194万円のマイナスとなりました。なかなか下げ止まらないですね。円高、株安が更に進行した感じです。今日のドル円は93円台まで円高になっています。しばらくは、この傾向は変わりそうにないです。


0811決算

注目すべきは、ヘッジファンドのカテゴリーに入れているMAN-AHLを中心に組成しているアセットトライです。全てのファンドが価格を下げるなかでも順調に基準価格を上げています。11月も10月と比較して上がっています。購入来のパフォーマンスは38%になりました。マネッジドフューチャーとかCTI戦略とか言われていますが、なかなかのものです。ヘッジファンドも総崩れと言われていますが、このように、価格が上下にぶれやすい環境でもしっかりと成績を上げる投資手法があるのは驚きです。


<ブログランキングに参加しています>
クリックお願いしま~す!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。